スポーツ・チャンバラとは・・・

◆ スポーツチャンバラとは、子供の頃に遊んだ「チャンバラごっこ」を、安全な用具を使用する事で健康で安全な「スポーツ」としたものです。

 現在の協会代表者である田邊哲人氏が、昭和46年に創立。

昭和48年には全日本護身道連盟(現在の国際スポーツチャンバラ協会)が設立され、平成23年に公益社団法人日本スポーツチャンバラ協会が認可されました。 今では日本だけでなく、ロシア、イタリア、韓国、ドイツ、フランス、インド、ネパール、シンガポール、エストニア、ラトビア、セルビア、マレーシア、オーストラリア、ニューカレドニア、メキシコ、エジプト、アメリカ、タイ、台湾等々、海外でも活動が広がっています。

 

------------------------------------------------------------------

内閣総理大臣認可

公益社団法人 日本スポーツチャンバラ協会

JSCA ( Japan SportsChanbara Association )

HP: http://www.spochan.or.jp/




種目

◆短刀(全長45cm)

◆小太刀の部(全長60cm以下)

◆長剣の部(全長100cm以下)

二刀 の部

楯小太刀 の部

※大会・年齢により開催種目が変ります。

ルール(要約)

◆1分間、1本勝負(又は、3本勝負)延長30秒間。

◆相打ちは、両者敗けとなる。但し、3本勝負の場合は、相方が1本づつ取ったことになり、次は1本勝負として試合を行う。

◆各種目の試合は、6-7メートルの長方形の試合コートにて実施。
小学校低学年以下は5 x 5も可。


用具

スポチャンでは、エアーソフト剣を使用します。

空気入れで、空気を入れて膨らませた物で、

当たりがやわらかく安全性の高いものです。

また、防具としてスポチャン専用の面や盾もあり、安全で楽しくスポーツが行なえるよう工夫されています。